翠竹堂|美術商-東洋古陶磁、近世書画、近代絵画・工芸

1915年に近世書画の古美術商として末松主税が創業いたしました。1983年からは主税の孫である直介が中国・朝鮮・日本の鑑賞陶磁器を軸に近代絵画及び工芸等も扱い、国内外の美術館と取引をしてまいりました。個人の方から美術館・博物館まで、美術品売買に関するご相談に幅広くご対応しております。お売りになりたいお品物や、お探しの作品がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

最新の情報などは以下のFacebook,Instagramをご覧ください。

  • 翠竹堂 facebook - facebook
  • 翠竹堂 Instagram - Instagram
  • SUICHIKUDO Gallery
  • SUI Gallery

過去の取り扱い作品

  • 酒井抱一 播州室明神神事棹歌之遊女行列図
    姫路市立美術館蔵

  • 仙涯 〇△□ 出光美術館蔵

  • 板谷波山 葆光彩磁葡萄唐草文花瓶

  • 三彩貼花文壷 唐
    出光美術館蔵

  • 豆彩鶏文杯 清・康煕
    出光美術館蔵

  • 緑釉掻落牡丹唐草文瓶
    北宋 出光美術館蔵

  • 酒井抱一 播州室明神神事棹歌之遊女行列図
    姫路市立美術館蔵

  • 仙涯 〇△□ 出光美術館蔵

  • 緑釉掻落牡丹唐草文瓶 北宋
    出光美術館蔵

  • 板谷波山 葆光彩磁葡萄唐草文花瓶

  • 三彩貼花文壷 唐
    出光美術館蔵

  • 豆彩鶏文杯
    清・康煕 出光美術館蔵

社史

  • 1915年(大正四年)

    福岡県門司にて末松主税が「翠竹堂」を開業。仙涯や田能村竹田の書画を扱い、出光佐三氏に最初の専属美術商として作品を多数収める。それらは現在も出光美術館のコレクションとして所蔵されている。川喜田半泥子とも親しく交流し、自作を複数点譲り受ける。

  • 1940年(昭和十五年)

    主税の三男・末松良介が出光興産に入り、美術品の管理と美術館開館の準備にあたる。

  • 1966年(昭和四一年)

    出光美術館開館にあたり、出光佐三氏が館長、良介が館長代理となる。

  • 1983年(昭和五八年) 

    良介の長男・直介が「翠竹堂」を継承。銀座コリドー街に店舗を開き、中国陶磁器を主に扱う。
    出光美術館、MOA美術館、箱根美術館、大原美術館等と取引を行う。

  • 1985年(昭和六十年)

    末松貿易を設立し、古美術品の輸出入業を行う。ロイヤルオンタリオ美術館(カナダ)、シカゴ美術館等と取引を行う。

  • 1992年(平成四年)

    中目黒に現代陶芸専門のギャラリーを開く。
    清里に出光興産ガソリンスタンドとレストラン「ムーンクレスト」を経営する。

  • 2014年(平成二六年)

    直介の妻・郁子が全ての業務を統合し「末松翠竹堂」として継承、現在に至る。

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせや、その他のご相談・お問合せは、こちらのフォームよりご連絡下さい。
確認次第、折り返しメールにて返答させて頂きます。


お名前
メールアドレス
電話番号
件名
お問い合わせ内容