近現代工芸作家の作品をメインに、「現代の生活空間に取り入れる」という観点でセレクトしご紹介するオンラインショップです。
 

千点文湯呑 - 八木一夫

D6.3~6.7cm H8.6~9cm
箱なし
口縁に小さなホツが数か所ございます(画像をご参照下さい)。
¥68,000 (税込)

オブジェの陶芸家として知られる八木一夫ですが、食器では用途を色々と想像させる意匠にセンスを発揮しています。こちらは代表的な文様の一つである千点文の湯呑です。お茶はもちろん、酒器として焼酎などを呑むのにもおすすめです。

八木一夫 - Kazuo Yagi

八木一夫(1918-1979)

1937年
京都市美術工芸学校彫刻科卒業後、商工省陶磁器試験場に伝習生として入所する。

1946年
第2回日展に「河豚欄春」で初入選する(第4回以降は辞す)。

1948年
山田光、鈴木治らと走泥社を結成する。

1954年
東京フォルム画廊にて「ザムザ氏の散歩」を発表する。

1962年
第3回国際陶芸展(プラハ)に「碑、妃」を出展しグランプリを得る。

1969年
『八木一夫作品集』(求龍堂)刊行。

1971年
京都市立芸術大学陶芸科教授に就任する。

1976年
宇治市炭山に築窯、米カン居・牙州窯と命名する。

この商品に関する注文・お問い合わせ

商品に関するお問い合わせや、その他のご相談・お問合せは、こちらのフォームよりご連絡下さい。
確認次第、折り返しメールにて返答させて頂きます。


商品名
千点文湯呑
作家名
八木一夫
お名前
メールアドレス
電話番号
件名
お問い合わせ内容